FC2ブログ
2019年08月/ 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2009年04月16日(木)

ジテツーと雨

今日も元気にジテツー。

朝になってから、今日は雨が降るという情報を得たので、慌ててポンチョを装備。
本革のカジュアルシューズで行こうと思ったけど、断念(>_<、)雨で濡れるのは勘弁

ヒールがないカジュアルシューズならパンプスよりは自転車乗りやすいし、運動靴よりは職場に適してるだろうと思ったのですが・・・

私の持ってる靴って、運動靴か本革しかないのです(^^;;
だから運動靴を履けない状況のとき、雨の日に履くものがない(゜д゜)

別に本革にこだわってるわけでもなく、むしろ本革は臭いがキツイので、本革の鞄なんかは敬遠してます・・・(^^;;
でも靴は、本革だと長く履いていれば足になじみますし、愛用してるのが卑弥呼のカムイシリーズなので、結果的に本革になってしまうという(^^ゞ
ウォーターマッサージ・インソールを使用してるので、足の疲れ方が違うのです。

それはさておき、昨日と同じくパンプスでセンちゃん出動。
なんだか肌寒い。
今日は昨日より15分ほど遅く出ただけなのに、通学している学生の団体さんはおらず、車が多かったです(゜д゜)
10分くらいの差でだいぶ人の動きが変わるもんなんですね。

まぁ多いと言っても、裏道のようなところばかりを通るので、なかなか安全に通勤できます。
道を覚えてしまえば迷路のような道も簡単です。

余裕で職場に到着。
今日はイレギュラーなものが多く、思うように仕事が進まず(--;;
予定してた仕事量をこなせなかったし(゜д゜)

明るいうちに帰路へ。
走り出してすぐにがポツポツと降り出して・・・
信号待ちの間に、結構大粒に。

やばい(゜д゜)

でも大丈夫!
こんなときのために、

ポンチョ登場!!!(≧∀≦)♪

自転車を道路脇に停めてポンチョを装着。
これで安心♪

しかし帰りは結構な風が吹いてたので、ポンチョがパタパタうるさいし(゜д゜;;
しかも、そんなに降ることなく、結局小雨に・・・

ポンチョいらんかったやん!!!(゜д゜)

風の抵抗を最大限に受けるためにポンチョを装着したようなもんでした・・・orz


あ、相方が今帰宅(゜д゜)
日曜の八ヶ岳ヒルクライムレースは赤信号やな(^^;;


(クロスバイクのセンちゃんで)
4月16日(木)
走行時間:26分50秒
平均時速:19.2km/h
最高時速:34.1km/h
走行距離:8.59km
目的地:職場

テーマ : 自転車 - ジャンル : 趣味・実用

  ブログランキングに参加してます。できればキャキャッとクリックお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ  

EDIT  |  23:57 |  自転車  | TB(0)  | CM(2) | Top↑

Comment

●雨のジテ通

雨のジテ通って憂鬱ですよね。私は基本雨の日は車で行っちゃいます。
通勤時間が変化すると状況も結構変化しますよね。私の場合ジテ通の時は余り学生さんには会いませんが車通勤の際は時間が少し遅いので学生さんだらけです。横に広がって全然避けてくれないし…。学校でジテ通についてもう少し教育して欲しいもんです。まあ私も学生の頃はそんな感じでしたけどね・・・。
kimurin | 2009.04.17(金) 21:45 | URL | コメント編集

●Re: 雨のジテ通

>kimurinさん

自転車だったら時間も気にせずあっという間に通勤できるのに、電車だと3倍くらい時間がかかってしまいます(--;;
車通勤はできないので、雨の日は悩むところです。
雨の日は危険でもあるので、小雨程度が限界でしょうね~。服も濡れますしね(^^;;

> 横に広がって全然避けてくれないし…。
>学校でジテ通についてもう少し教育して欲しいもんです。

そうなんです!!(゜д゜)
なんで6人くらいで並走するの?道路ギチギチで塞がってますけど??と言いたい場面が山ほどあります(--;;
車が来ても避ける気配がないので、クラクション鳴らされてる学生団体もいました。
これは確かに教育してほしいですね。
でもこういうのは小学校くらいからしとかないと、ちょっと遅い気がします・・・
きゃうちゃん | 2009.04.18(土) 00:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |