2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  ブログランキングに参加してます。できればキャキャッとクリックお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ  

EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008年04月17日(木)

コンサート行ってきました!(続編)

笑天の妨害をしっかり受けつつようやく「イングリット・フジコ・ヘミング&ローラン・コルシア」共演コンサートが始まりました。

座席から舞台を見て右側の席だったので、演奏する手が見えなくて残念でしたが、1階の前から8列目くらいだったので、なかなかよい席だったと思います。

まずは、沢木良子さん伴奏によるローラン・コルシア氏のヴァイオリン演奏でした。

<曲目>
ルーマニア民俗舞曲/バルトーク
ハンガリー舞曲 第2番 二短調/ブラームス
ツイガーヌ/ラヴェル
歌劇『はかなき人生』より「スペイン舞曲」/ファリャ
ヴァルスーズ/グラッペリ
以上

ヴァイオリン曲はあまり知らないので、聴いたことがないものが多かったです(^^;;
曲目は途中入れ替わってたみたいですが、全くわかりませんでした(笑)

でも、すごく楽しかったです!!
私は全く知らなかったのですが、ローラン氏はなんかすごい方みたいです(^^;;
ヴァイオリンって、色んな弾き方があるんですね。
指で絃をはじいたりもしてました。
「ハンガリー舞曲 第2番二短調/ブラームス」だったと思うのですが、すごくいい曲で感動しました(>_<)
なんとも言えないメロディで、もう一度じっくり聴いてみたいです。

途中でヴァイオリンのスティックの弓毛(?)が数本切れて垂れ下がってたんですが、何もなかったかのように演奏を続けられていました(゜д゜;;さすがプロです。

続きまして、イングリット・フジコ・ヘミングさんのご登場です。
さすがに歓声がすごかったです。
衣装も着物のようなコート(?)を羽織ってらして、ずいぶん個性的でした。
こういう有名な方って、やっぱり存在感がすごいですね。

ちなみに、フジコさんは絵を描かれるらしく、ポストカードや絵をロビーで販売してました。
猫の絵がたくさんあってかわいかったです♪
さすが猫好きで有名な方だけありますよね。
犬猫を保護するだけでなく、CDの印税や出演料のほとんどを被災者や難民に寄付されてるらしいのです。全く私利私欲のないというか、心の大きい方だな~と、感嘆するばかりでした(>_<)

<曲目>
版画/ドビュッシー
→第1曲:塔、第2曲:グラナダの夕べ、第3曲:雨の庭
巡礼の年 第1年「スイス」 第4番「泉のほとりで」/リスト
パガニーニ大練習曲 第3番「ラ・カンパネラ」/リスト
※ドビュッシーの後に、ショパン「別れの曲」が突如入りました。
以上

いや~生演奏はやっぱりよかったです♪
フジコさんの演奏は結構独特ですね。
なんと表現すればいいのかわかりませんが、やはり個性的です!
あれだけオリジナリティを出せるのはすごいことだと思います(>_<)

もちろん私は演奏に集中して聴き入っていたのですが、どうも視界の端に”カクンッ”と揺れてる姿が何度も入ってくるのです。
「・・・?」
ふと見やると、

「いとこ寝てやがるっっ!!」( ̄□ ̄;;

まさかとは思ったんですが、そのまさかでした(笑)

まぁ仕事帰りで疲れてることもあるだろうし、静かなメロディ部分はそんなにクラッシックを聴かない人には眠くなってしまうこともあります、ありますが、

「なぜ『ラ・カンパネラ』で寝る!!?」(゜д゜)

フジコさんの代名詞とも言われる「奇跡のラ・カンパネラ」ですよ!!!
あまりの驚愕に我が目を疑ってしまいました・・・
寝てることを確定してしまう行動、すなわち起こすこともなんだか躊躇われてそのままにしました(笑)

あとで聞くと、「ラ・カンパネラ」が始まって、「すごい!!鳥肌立ちそう!!!」とまで思ったらしいのですが、その後記憶がなくなったそうです(^^;;
なんか催眠術かけられた人みたいやな(笑)

以上で第1部が終了したわけですが、第2部はいよいよフジコさんとローラン氏の共演です!

<曲目>
ヴァイオリン・ソナタ イ長調/フランク
以上

ちょっと静かなメロディが多く、ヴァイオリンの物悲しそうな響きが素敵でした。
もちろんピアノもすごかったです。
かなり早い部分もあって、二人の掛け合いがおもしろかったです。
でも、こんな忙しい方同士って、どうやって下合わせしてるんだろう?不思議です・・・

アンコール曲は、
ローラン氏が作曲された、フジコさんのための「フジコのワルツ」
ピアノソナタ第17番「テンペスト」より第3楽章/ベートーヴェン(フジコさん独奏)
ハンガリー舞曲 第5番嬰ヘ短調/ブラームス(フジコさん独奏)
以上3曲でした。

私は、ローラン氏が作曲された「フジコのワルツ」が気に入りました!!
とても哀愁漂う素敵な曲でしたが、あれは二度と聴けないのかな~・・・

アンコールもたくさんあって、大満足のコンサートでした(^-^)♪

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽

  ブログランキングに参加してます。できればキャキャッとクリックお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ  

EDIT  |  19:32 |  映画、コンサート、舞台  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。